モンテッソーリ教育を解説!どんなデメリットがあるの?

スポンサーリンク
未分類

モンテッソーリ教育」という言葉を知っていますか?
最近テレビや雑誌でもよく取り上げられるようになった、今注目されている教育法です。

今後、この教育法は日本で広まっていくと考えられています。
しかし、初めて耳にした方や聞いたことはあるけれどよく知らないという方も多いと思います。

今回はモンテッソーリ教育がどんなものか解説し、
今後のお子さんの教育に対して判断材料になるようメリット・デメリットをご紹介します。

スポンサーリンク

モンテッソーリ教育とは

モンテッソーリ教育は1907年に医師であり、
教育家であったマリア・モンテッソーリが考案した感覚教育法です。

「子どもには自分を育てる力が備わっている」という
自己教育力」の存在がモンテッソーリ教育の前提になっています。

歩くことを教えなくても歩こうとしたり、
積極的に環境に関わりながら様々な事柄を吸収して行ったりする姿は、
子ども自身が自立に向かって成長・発達していこうとする姿のあらわれと言えます。

モンテッソーリ教育の最終的な目的は
「自立していて、有能で、責任感と他人への思いやりがあり、生涯学び続ける姿勢を持った人間を育てる」ことです。

モンテッソーリ教育の内容

モンテッソーリ教育は、教師(大人)の価値観で一方的に教えようとするのではなく、
子どもの興味や発達段階を正しく理解し、子どもが触ってみたい、やってみたいと思う環境を適切に用意し、子どもの自発的活動を促します。

日本では小学校の義務教育にモンテッソーリ教育を取り入れることが難しく、
乳幼児期の教育として受け取られることが多いのですが、
アメリカやヨーロッパでは小学校から大学まで準備されているところもあります。

モンテッソーリ教育では、0〜6歳までの乳幼児期を発達の特徴から、
0〜3歳までの前期と3〜6歳までの後期に分けています。
そしてそれぞれの発達段階における敏感期を背景に教育環境が用意されています。

敏感期とは自分の成長に必要な事柄に対して敏感になり、環境の中から子ども自身が選び出して
熱心に取り組みながらその対象を難なく獲得する時期と言っています。

前期と後期で行われる教育段階をざっくりとご紹介します。
興味や発達段階に合わせて行われるため、下記は一部の紹介ですが参考にしてみてください。

0〜3歳

前期は「吸収する精神(無意識)」の時期と呼び、
人生の中で最も吸収力が強く、その後何年かけても達成できないようなことを最も簡単に獲得し、
「人間社会」に適応していく時期とされています。

  1. 粗大運動の活動(歩く、階段を登るなどの全身運動)
  2. 微細運動(主に手指を使った握る・落とすなどの運動)
  3. 日常生活の練習(着衣や観葉植物の世話などの活動)
  4. 言語教育
  5. 感覚教育(発達段階や興味に応じた教具に触れる)
  6. 音楽
  7. 美術

3〜6歳まで

後期は「意識の芽生え」の時期と呼び、前期に無意識に吸収したさまざまな事柄を意識的に整理、秩序化していく時期とされています。

  1. 日常生活の練習(はさみできる、コップに水をいれるなど実生活と関連する活動)
  2. 感覚教育(感覚教具を使った活動)
  3. 言語教育
  4. 算数教育
  5. 文化教育

モンテッソーリ教育のメリット

発達に合わせて興味を持ちやすいものが教具に用意されています。
一方的に行う活動が決まっているわけではないため、それぞれの興味を持つ分野に対して対応することができます。

個性を伸ばしやすい

子どもたち一人一人の発達段階や性質に合った教育を行うため、個性が伸ばしやすいと言われています。

積極性や集中力が身に付く

「〇〇をしてみよう」という受け身の学習ではなく、興味を持ったものに主体的に取り組むため、能動的な態度や積極性が身につくとされています。

器用になりやすい

大きな運動から細かい運動まで幼少期から教具を使って身体を動かすことから、器用になりやすいと言われています。

モンテッソーリ教育のデメリット

協調性が育ちにくい

モンテッソーリ教育は自分の興味によって行う作業に違いが出るため、
周りと関係なく黙々と作業をすることも少なくありません。

そのため、他のスクールに移った際に協調性がないと評価を受けることもあります。

個人差があるため、いちがいには言えませんが、
淡々と目の前の作業に集中することができるようになり、
結果的に周りが見えなくなりがちと言われることがあるのも事実です。

自己中心的になりやすい

基本的に子どもが興味を持ったものを好きなだけ集中してやらせてあげるという姿勢があります。
このため、自分の作業をやめるのを嫌がったり何時間でも同じことを続けることがあります。

小学校は国語、算数とそれぞれの時間が分かれているため心配になる
親御さんももちろんいらっしゃいます。

ただ、子どもは順応性が高いので新しい環境になれば時間の感覚には徐々に慣れていくでしょう。

活発な子には向かない?

活発でじっとしていられないタイプの子は、
他の子の作業を邪魔してしまったり外で走りまわりたくなって集中できなかったり…。

モンテッソーリ教育には自然に近い形の広い庭や森などがあるのが理想です。

しかし、日本の実際は都心エリアであったり、
少人数の学校で広い敷地を持つことができなかったりと、
理想とは離れたスクールもたくさんあります。

「おしごと(作業)に集中できるように、スクールの前後に運動をさせてください」と
先生から言われた親御さんもいます。
これはスクールの方針や環境によってかなり違いがあるかと思います。

先生の質の差が激しい

モンテッソーリの先生になるためには資格が必要です。
研修や実践も受けなければいけません。

ただ、モンテッソーリ教育は自分で興味を持ち、学ぶことが基本のため、
教師は「なにもしなくていい」状態になる危険性もあります。

モンテッソーリ教育に関わらず、どんなスクールでもいい先生に巡り合えるかは
大切なポイントになります。

日本のカリキュラムに合っていない

将来的に受験を考えているのであれば、
日本の現在の教育とは全く違うということは理解しておいた方がいいでしょう。

モンテッソーリ教育は暗記や反復練習は基本的にはありません。
長い目で見ればモンテッソーリ教育のメソッドは活かすことができるかもしれません。

ただ、同時に他の塾に通っているなど全く違う教育を受けていると
子どもが混乱してしまう可能性もあります。

また、モンテッソーリ教育のスクールでは自分のやりたいことをさせてくれたのにと、他の塾を嫌がってしまうという経験をした親御さんもいます。

日本の受験に対してはモンテッソーリ教育だけでは不安だと感じる親御さんも少なくないようです。

まとめ

  • 一人一人の興味や発達に合わせた多面的な活動を経験できる
  • 環境や方針、教師によってスクールが対応できる部分が違う
  • 日本の教育制度や受験とは異なる

どんな教育法であっても完璧ということはありません。
モンテッソーリ教育が素晴らしい教育法であることは事実ですが、
子どもの性格や家庭環境、文化背景などそれぞれによって効果は違ってきます。

興味あるという親御さんは資料を取り寄せてみたり、実際に見学してスクールの規模や様子、先生の様子なども検討材料にすることをおすすめします。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました