保育士になるにはどうしたらいいの?社会人や主婦でも資格は取れる!

スポンサーリンク
資格

保育士は子どもと関わる仕事です。
養成学校を卒業していなくても、全く関係のない職業で働いていても
目指すことができるので、人気の高い資格になっています。

「保育士になりたい!保育士の資格を取りたい!」と思ってから、
しっかりと学習を進めれば合格を十分目指せます。
実際に、忙しい主婦の方や社会人でお勤めをしながら資格を取得した方もいます!

今回は保育士になるための方法と、忙しい中でも資格取得を目指せる
受験スケジュールなどをご紹介します。

スポンサーリンク

保育士の資格ってどうやって取るの?

「保育士として働きたい」と思った時に、持っていたいのが保育士資格です。
無資格でも働ける職場はありますが行える業務に制限があるなど、
不便なところがたくさんあります。

そのため、基本的には資格は必須と考えた方がいいでしょう。

保育士資格は厚生労働省の指定する指定保育士養成施設(大学・短大・専門学校)を
卒業すれば取得することができます。

ただ、全く関係ない学校を卒業していたり仕事をしてきた人でも
資格を取得することはできます。

とはいえ、誰でも試験を受けられるというわけではありません。
まずは受験資格からご説明します。


保育士試験の受験資格

保育士の受験資格に年齢制限はありません
以下の項目に一つでも当てはまれば受験資格があります。

  1. 大学・短大・2年以上通う専門学校いずれかの卒業
  2. 大学中退、または在学中で62単位修得済み、習得見込みのある方
  3. 短大在学中で卒業見込みのある方
  4. 平成3年3月31日以前に高校卒業
  5. 平成8年3月31日以前に保育科高校卒業
  6. 中学卒業後、児童福祉施設での実務経験5年以上/7200時間以上

保育士試験は平成16年から全国統一問題となり、試験も同日開催となりました。

筆記試験実技試験が行われ、
筆記試験の全科目に合格しなければ実技試験を受けることはできません。
(幼稚園教諭免許状の保有者は実技試験を免除されます。)

保育士試験の内容

前述したとおり、保育士試験には筆記試験と実技試験があります。
ただ、合格科目は3年間有効なので一度に全ての科目を合格できなくても
期限内であれば不合格だった科目のみ受け直すことができます。

試験科目は8科目もあり、合格率は毎年10%と難しい試験と言われています。

筆記試験の試験内容

筆記試験は前期4月と後期10月に実施されます。

  1. 保育原理
  2. 教育原理及び社会的養護
  3. 児童家庭福祉
  4. 社会福祉
  5. 保育の心理学
  6. 子どもの保健
  7. 子どもの食と栄養
  8. 保育実習理論

実技試験の内容

筆記試験に合格した方は実技試験を受けることができます。
その場合、前期6月と後期12月に試験が行われます。

保育実習実技

  1. 音楽表現に関する技術
  2. 造形表現に関する技術
  3. 言語表現に関する技術

3つの内、2分野を選択。

ライフスタイルに合わせた勉強スケジュール

筆記試験は合格した科目が3年間は有効です。
そのため、長くても勉強スタートから3年で資格取得を目指したいですね!

短期集中!1年で合格したい!

1年で合格したいと思っている方は実技試験が6月12月なので
そこに焦点を当ててスケジュールを逆算していきましょう!

保育士試験は人によって様々ですが、60〜180時間の勉強時間が必要と言われています。
平均するとだいたい90時間ほどになります。

筆記試験の半年前くらいに勉強をスタートして
1日1時間しっかり勉強する時間を取るようにしましょう!

4月の筆記試験を目指す場合は前年の10月くらいから学習スタートですね。

筆記試験はだいたい2日に分けて行われます。
筆記試験終了後はすぐに実技試験の準備に移りましょう。

実技試験は2分野の選択なので要領良く、得意な2つを選びましょう!

自分に合ったペースで!2年間で合格を目指す場合

「働きながら資格取得を目指したい・・・」
「家事や育児でなかなか勉強時間がとれないかも・・・」
という方、ご安心くださいね!

筆記試験は翌々年まで合格した科目が有効です。
筆記試験は前期と後期があるので半分ずつ受けることも可能です。

つまり、4月に半分の科目を受けて10月にもう半分の科目を受けるというイメージです。

半年前くらいから初めに受けようと思う科目を1日30分のペースで学習をスタート。
もし、「今日は時間がとれなかった」「疲れていて気力がなかった」という場合でも
休みの日やできるときにその分を回せばいいのです。

前期の試験で合格できなかった科目も後期で挽回することができます!
期間も半年しか開かないので前期の試験が終わった段階でしっかり復習しましょう。

後期で残りの半分の試験を受けるためにまた半年学習していきます。
後期試験で全ての科目に合格できたら、12月の実技試験の準備をしましょう。

もし、後期の試験に合格できなかった場合は
次の年の前期で補填できるようにまたコツコツ勉強すれば大丈夫です!



まとめ

  1. 受験資格があれば専門の学校を出ていなくても社会人でも取得可能
  2. 筆記試験の合格科目は3年間有効
  3. 自分のライフスタイルに合わせた学習スケジュールを立てる

あまりにタイトなスケジュールを組んでしまうとできなかったことや
遅れをとったことがストレスになってしまうので
余裕を持った学習スケジュールをおすすめします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました