簿記3級独学で合格を目指す!忙しい社会人でも日商簿記3級を勉強できる方法

スポンサーリンク
簿記

「会社の先行きが不透明で、この先どうなるか分からない…」
「転職も視野に入れたいものの、特にアピールできる資格もないし、どうしよう…」

といった不安を抱える方も社会人の方も多いのではないでしょうか?

何より僕がそうです。
とくに英語がしゃべれるワケでもなく、経歴が華麗であるわけでもない。
大きな仕事を任された経験もなし。

転職に臨むにも履歴書を前に途方に暮れていました。
そんなときに考えたのが、てっとり早く資格取得!

最初は転職面接でも評価されると噂のTOEICの高得点を狙って
英語の勉強を始めるも、なかなか手ごたえがつかめず…。

そんな中迎えた初のTOEIC試験本番。

結果は990点満点中の450点。
ボロボロでした。仕事の休憩や通勤電車等のスキマ時間、仕事の休みの日は参考書とにらめっこしていたにも関わらず…。

「どうしよう…」

そんな途方に暮れていた時に、見つけたのが「簿記3級」
書店でパラパラ参考書を手にとってみると、
「損益決算書」「仕訳」「売掛金」等々。

なかなか普段馴染みのない言葉が目に飛び込んできました。

でも、難しそうだけど転職だけではなく、仕事にも活かせそうと思い、
TOEICの勉強は辞めて、簿記3級の勉強を始めてみることにしました。

僕のように、仕事や転職に役立てるために資格を取りたくて、簿記3級に興味を持った方のひとつの参考になれば幸いです。

それではお話を進めさせて頂きます。

スポンサーリンク

簿記3級テキスト選びのおススメ

日商簿記3級の合格に向けて、僕がまず始めに行ったのは参考書選びでした。

簿記3級を確実に合格するために、スクールに通ったり、
通信講座を受講するって選択肢もありました。



でも、飽きやすい性格の僕は途中で、簿記の勉強を辞めてしまう可能性もあり、
そうするとお金がもったいないので、スクールや通信講座に通う選択肢は最初から排除。

独学で簿記3級の勉強をすることに。

書店に行ってみると、簿記3級の参考書がたくさんあり、どれが良いのか分からず。
どれも良い参考書に見えてしまったので…。

とりあえずYouTubeを中心に、実際に簿記3級に合格した方々が良いと言う参考書を一通り
確認して、再度書店へ。

そこで、僕は他の参考書に比べて、売れている様子のある参考書を購入することにしました。
これがまず失敗でした。

他人がいくら良い、そして売れていると言っていても、参考書には相性があります。
僕も実際に購入したその参考書をパラパラ読んでみたのですが、どうもよく内容が頭に入ってこず。

そこで、もう一度書店に行き、今度は別の参考書をパラパラとめくると、
「この参考書の説明の方が自分には分かりやすくて合っている」と思い、もう一冊参考書を購入。

前に購入した参考書はまったく使わずに、メルカリに出品して売りました。

まずは大事なのは「自分にあった参考書選び」。
売れているから、評判が良いからという理由だけで選んではいけないってことですね。

ちなみに僕が購入し学習している参考書は下記の
「みんなが欲しかった! 簿記の教科書 日商3級」



選んだ理由としては、カラーで見やすく、時折挟まれるイラストも知識の理解を助けてくれそうで
良い感触を持ったこと。

少し重いけどバッグに入れて通勤中や仕事の休憩中にも学べるサイズだと思ったこと。

そして適度にページ全体に余白があったことでした。

このページ全体に適度に余白があるって部分がのちほどご紹介する僕の簿記3級勉強法に
とても合っていました。

そして、参考書と一緒に問題集も購入。

問題集は先ほどの参考書と同じシリーズの
「みんなが欲しかった!簿記の問題集 日商3級」にしました。

 

参考書と同じく問題集もテキストによって解説のニュアンスが異なるので、できれば問題集は
参考書と同じシリーズでそろえた方が学んだ知識を定着させるためにも効率的です。

参考書と問題集両方そろえても3000円以内なのでとてもお得でした。

たまに、このお金をケチってブックオフやフリマサイトで安く販売されている中古の参考書や問題集を購入する方がいるみたいですが、お勧めしないです。

なぜなら、2021年度以降問題形式が変わっているようなので、以前の参考書や問題集を買ってしまうと今の問題形式に対応できていなかったりする危険性があります。

ここは簿記3級に合格するためにも新品を買いましょう!

簿記3級の勉強スタート!

さて、参考書と問題集が無事にそろったので、いよいよ簿記3級の勉強がスタート!

まずは参考書に載っている知識がすべて理解できなくても、
ページの最初から最後まで一通り読みました。

当然初めて学ぶ知識ばかりなので、分からないことだらけです。
でも、ひとまず1回終わらせてみたという経験が大事です。

これは簿記に限らず参考書全般に言えるんですが、買ったばかりの参考書って
お互いのことを知らないので、よそよそしい感じなんです、雰囲気的に。

でも一度、最初から最後まで知ってしまうと、もう他人ではなくなります。
まったくの見ず知らずの状態から、お互いのことがだいぶ分かる友人に参考書が
変わるようなイメージでしょうか?

そして何度も何度も参考書を読み、バッグに入れてどこに行くにも持ち歩き、スキマ時間に
ページを繰ることで、友人から親友へと変わるイメージでしょうか…。

 

話が脱線してしまったので、もとに戻します。
とにかく、大事なのは分からなくても良いから一度すべてのページに目を通してみることが
大事です。

「一回、自分はこの参考書を終わらせたことがある」ってことが根拠なく自信につながったりします。何事も根拠なき自信は大事ですからね。

とは言うものの、やはり専門用語も多く、参考書を読んでもいまいち簿記の知識が身についたという
実感がありませんでした。

そのときに登場したのがYouTubeを使っての学習です。

簿記3級合格のためのおススメの無料動画教材2選

 

YouTube上では、簿記3級の合格を目指すにあたりお勧めの参考書や勉強法を紹介する動画がたくさんあります。

僕も簿記3級の参考書選びでかなり参考にさせてもらいました。

 

その中でも、具体的に簿記3級の知識を無料で分かりやすく教えてくれる
お勧めの2名の講師をご紹介させて頂きます。

簿記3級の理解を促進する背景知識もしっかり学べる ふくしままさゆきさん

簿記3級の合格を目指すための知識を余すところなく、動画内で教えてくれます。

簿記の参考書を購入せずに、このふくしまさんの講義動画と問題集だけで
簿記3級に合格された方も数多く、信頼と実績を兼ね備える講師の方です。

簿記3級の合格に必要な簿記の背景知識も丁寧に教えてくれるので、簿記3級以降に簿記2級にチャレンジする際にも役立つような学びが網羅されています。

専門学校で受講できるような質の高い授業が無料でしかもYouTubeで受講できるなんて驚きです。
とにかく簿記3級の合格を目指すなら必ずチェックしておきたいチャンネルです。

簿記3級の知識の要点を的確にコンパクトに学ぶ たぬ吉さん

続いてご紹介するのは、公認会計士のたぬ吉さん。

さきほどご紹介したふくしまさんが簿記3級の合格に必要な簿記の背景知識を分かりやすく教えてくれるとすれば、このたぬ吉さんは、簿記3級の合格に必要な知識の要点を的確にコンパクトに教えてくれるのが特徴です。

ふくしまさんと比べると動画の時間が短いので、
ちょっとしたスキマ時間に簿記3級の知識を復習するのに最適なんですね。

もちろん教え方も的確で分かりやすいですよ。

簿記3級 動画講義を使ったお勧めの勉強法

さて、ご紹介したお二人の簿記3級の動画講義ですが、視聴してみて、自分が学習しやすい方の方を選んで学習するのも良いですし、そこは参考書と同じく相性で決めてみてください。

ちなみに僕は両方の動画講義を学習させて頂いています。

僕が実際に行っている学習手順は下記の通りです。

1.参考書「みんなが欲しかった!簿記の教科書」を1回最後まで読む

2.読み終えたら、ふくしままさゆきさんの簿記3級動画講義を一通り見る。

その際に、動画内でふくしまさんがしゃべっていて重要だと思う知識については
「みんなが欲しかった!簿記の教科書」の該当ページにある余白に書き込む。
※ページ内にこの余白スペースがあることがとても助かっています。

3. 今度は、たぬ吉さんの簿記3級動画講義を見る。
こちらも動画内でたぬ吉さんがしゃべっていて重要だと思う知識については
「みんなが欲しかった!簿記の教科書」の該当ページにある余白に書き込む。

4.これで自分オリジナルの簿記3級の参考書が完成しました。

5.あとはこのオリジナルの簿記3級参考書を繰り返し読みつつ、理解しづらい部分は
お二人の動画講座を復習。それと並行して「みんなが欲しかった!簿記の問題集」を解く

この流れで簿記3級の学習を進めています。

まとめ

さて、ここまで僕が実際に勉強している簿記3級の学習方法についてお話させて頂きました。
これから簿記3級を取得したいと思っている方の参考になれれば幸いです。

ちなみに簿記3級の受講料は、2850円と英検やTOEICなど他の資格試験と比べても
圧倒的に受験料が安い!

しかも会場で受験する統一試験のほかにネット試験もあり都合がつくときに自宅のパソコンで受験ができます!

忙しい社会人にとって時間の融通が利いて、しかもお財布にも優しいなんてどれほど良心的な資格なんでしょうか。

しかも簿記2級以上であれば転職の際の評価にも直結するようで、コスパ最高の資格ですよね!

さらにさらに、簿記3級で学ぶのは、普段のビジネスの現場で使う仕入れや売掛金等の知識なので
簿記3級を学べば学ぶほど自分の勤める会社の見方が変わってきます。

「簿記を勉強し始めると、普段の仕事を数字で物事を見れるようになる」って言われます。

僕も簿記3級を勉強し始めて、自分の会社のビジネスモデルや仕事の進め方について関心を持つようになりました。

結果的に転職せずに、今の会社に所属し続けたとしても、簿記を勉強する前と後では、仕事に対しての観方や向き合い方もより前向きなものに変わっていくと思います。

何より、数字で普段の仕事を捉えられるようになると、仕事自体が以前よりも楽しくなりますよ。

今回の記事を読んで、少しでも簿記に興味を持ったらぜひ書店でまずは参考書をチェックするなり、今回ご紹介したYouTubeチャンネルをチェックしてみたりしてくださいね。

 

 

 

簿記
スポンサーリンク
STUDYステーション

コメント

タイトルとURLをコピーしました